平成26年12月28日(日)に御園五丁目自治会で防災・防犯パトロールが行われました

 事務連絡  平成26年12月28日(日)に御園五丁目自治会で防災・防犯パトロールが行われました はコメントを受け付けていません
1月 062015
 

12月28日(日)に、御園五丁目自治会で防災・防犯パトロールが行われ、大人約30名、子供会より
14名の子供達が参加しました。
最初に会長の挨拶と役員の方の説明が行われ、その後にパトロールが開始となりました。
「御園五丁目!」という子供の威勢の良い掛け声に、「火の用心!」と、参加者全員が応えます。
「空き巣引ったくりに」「ご用心!」などの掛け声も続き、最初は少し緊張していた子供達の掛け声も、
堂々としたものになって来ました。柏子木のカチ、カチという音が、冬の夜の澄んだ空気に響きわたります。
そしてパトロールが終わる頃には、参加者全員の呼吸が見事に調和していました。
最後は子供達がお土産のお菓子をもらい、今年のパトロールは無事終了となりました。
御園五丁目自治会では、年末最後のパトロールはいつも子供達と一緒に行っています。このことについて
井上自治会長は、「自治会ですから、子供から大人まで参加することに意義がありますね。」ということを
おっしゃっていました。防災・防犯活動は、自治会活動の柱の一つと言っても決して過言ではありません。
井上会長のお言葉からも、このようなパトロールをすることは、あらゆる世代が防災や防犯について意識づけ
をすることの出来る、大変貴重な機会なのではないかということを、改めて感じました。

 

井上会長              巡回説明

自治会館前には参加者約45名が集まりました   パトロールを行う際のマイクでの掛け声を練習する子供達

 

誘導 - コピー             お菓子

暗い夜道で交通状況に配慮しながら、    「ありがとうございました!」と言いながら、
パトロールは順調に進められています     元気に帰って行く子供達

まちづくり会議が開催されました

 事務連絡  まちづくり会議が開催されました はコメントを受け付けていません
12月 112014
 

(主な内容)

・市営新戸住宅の跡地利用案について市から説明がありました。(相模台まちづくりセンター・公民館の駐車場整備と売却)駐車場の整備については周囲の交通安全や、駐車場の利用方法などについて意見が出されました。

・木もれびの森保全・活用計画の見直し状況について市から説明がありました。

・相模台地区の防災計画の策定に向けて相模台地区まちづくり会議に専門部会を設置し、検討していくことが決まりました。

・27年度の地域活性化事業交付金活用を前提に第2回目となる「相模台インターナショナルフェスタ」の開催準備を進めることが承認されました。

11月23日(日)に旭ヶ丘クラブ自治会で文化祭と陸上自衛隊員の方による講演が行われました

 事務連絡  11月23日(日)に旭ヶ丘クラブ自治会で文化祭と陸上自衛隊員の方による講演が行われました はコメントを受け付けていません
11月 252014
 

11月23日(日)の雲一つない秋晴れの中、旭ヶ丘クラブ自治会で、文化祭と陸上自衛隊員の方による
講演が行われました。文化祭では、自治会員の方々の作品である絵画、書、手作りの人形やバッグなどが
展示され、来場された方皆さん、興味深く鑑賞されていました。
旭ヶ丘クラブ自治会では、毎年文化祭とともに、ショーや講演等が開催されますが、今年は
「陸上自衛隊 中央即応集団について」という演題で、陸上自衛隊 の奥田幸義氏より
講演が行われました。講演の中で、2011年に発生した東日本大震災での支援活動の様子が映し出された時には、
講演を聞く方の中に涙される方も見られました。

講演の後は、食堂で来場者の方々が歓談され、出展されている作品や、本日の講演のについての談義に
花を咲かせていました。
芸術の秋に加え、私達の生活にあまり馴染みのない、自衛隊の活動というものを知ることの出来た
有意義な催しとなりました。

祭り看板

見事な秋晴れの中の開催となりました。

書4             作品3

 

手作り3         人形3

様々な手作りの作品が展示されました。

講演②     講演③

陸上自衛隊員による、キャンプ座間内に司令部のある「中央即応集団」についての講演

歓談2

歓談

講演の後は、来場者の方々との歓談で食堂は賑わいました

平成26年度新任自治会長研修会について

 お知らせ  平成26年度新任自治会長研修会について はコメントを受け付けていません
6月 052014
 

平成26年度新任の自治会長を対象に各区に分けて研修会が実施されます。

◆主 催・・・相模原市自治会連合会
◆対象者・・・平成26年度に新任として自治会長となった者 
◆来賓等・・・各区長

◆日程及び場所 (各区午前・午後に分け全体で6回開催)

     ◎南 区:平成26年6月14日(土)  南区合同庁舎3階 講堂
           〇午前の部:( 9:30~12:30)大野南、麻溝、東林 (41人)
           〇午後の部:(13:30~16:30)大野中、新磯、相模台、相武台(45人)

     ◎緑 区:平成26年6月15日(日)  緑区合同庁舎4階 集団指導室
           〇午前の部:( 9:30~12:30)橋本、津久井、相模湖 (40人)
           〇午後の部:(13:30~16:30)大沢、城山、藤野(43人)

     ◎中央区:平成26年6月21日(土)  けやき会館2階 大研修室
           〇午前の部:( 9:30~12:30)小山、清新、中央、田名、星が丘 (59人)
           〇午後の部:(13:30~16:30)横山、上溝、光が丘、大野北(55人)

※新任自治会長には通知でお伝えされていると思いますが、各区と午前、午後と地区によって分けられていますので、ご注意ください。
※不明な点があれば、各地区の地域活力推進員まで問合せください。

相模台地区にはこんな歴史が・・

 

ちょっと寄り道・・・

相模台地区には昔からちょっと寄ってみたくなるような散歩道がいくつかあるのをご存知ですか?
これから何回かに渡って、このページの中で、歩いてみたくなる「寄り道」を紹介していきましょう。その「寄り道」にはそれなりの「歴史」を垣間みることも出来ます。


『第1回 横浜水道みち』

本当の名前は「横浜水道道緑道」
(よこはま・すいどうみち・りょくどう)と言います。地元では「水道みち」で充分通じます。やたらと「道」という字がいくつもついていますね。なにやら由緒のありそうな名前がします。
 それもその筈、相模川上流の水を横浜市内まで飲料水の水道管を引いてしまおう—という壮大な計画かが明治18年に持ち上がり、なんと、その2年後の明治20年には配水が開始されたという驚異的なスピードで横浜水道が完成。

相模台地区調査・水道みち2
津久井の山奥から横浜市まで標高差約74メートルを水が自然流下。
大人がかがんで通れるような巨大な鋼管が4本(その内1本は予備)も地中に埋まっています。 相模川の水を横浜市の野毛山浄水場まで、約44キロメートルの長旅を24時間休むことなく送り続けています。
景・水道みち3
こんな大きな物が埋まっている水道みちの幅は,広いところでは約20メートルもあります。今は市民の気持ちのよい 散歩道として整備されています。相模台地区の中を長さ4キロメートルに渡って定規で引いたように真っすぐな緑道が相模川方向西側から東側の南台3丁目方向へと延びています。

通行路の役割だけでなく、子供を連れての散歩、愛犬をお供にしたメタボ解消のウォーキング、そして 格好のジョギングコースと、この地域の様々な人たちが今日も水道みちを楽しんでいます。


【写真&テキスト/相模台6丁目 猪俣 達夫】

犯人逃走中です。ご注意ください。

 事務連絡  犯人逃走中です。ご注意ください。 はコメントを受け付けていません
9月 112013
 

 

◆緊 急 連 絡◆

 

         本日、南区当麻で女性が若い男に刺される事件が発生しました。

 

◆現在の情報としては次のとおりです。

◎事件発生日時:平成25年9月11日午前9時50分頃(救急要請時間)

◎事件発生場所:南区当麻地内

◎加害者:若い男1名、黒いズボン、グレーポロシャツ

◎被害者:60歳代女性、命に別条なし

◎事件概要:路上で突然刺された

 

◆犯人は逃走中です。ご注意ください。

 

◎10月追加情報

10月7日現在において、犯人はまだ逮捕されておりません。
周辺地域の方々は、引き続き警戒をするようにお願いします。

相模台地区自治会連合会の概要

 

①地区名     ◆相模台地区自治会連合会
②事務局     ◆相模台まちづくりセンター内chikuren1
③電話      ◆042-744-3148(団体専用)
④自治会数       ◆27
⑤加入世帯数         ◆11,975
⑥班数         ◆901

※自治会数・加入世帯数・班数は令和2年4月現在

相模台地区は、小田急相模原駅の西側に位置し、小田急相模原駅北口から独立行政法人国立病院機構相模原病院までの約1,000メートルの街区に沿って多種多様な商店が切れ間なく連なるサウザンロード相模台商店街は、地域の中心となっており、多くの人で賑わっています。

相模台地区自治会連合会は、27の単位自治会から構成され、自治会加入世帯は、1万2千世帯(加入世帯率約54%)ほどですが、地域防犯・防災活動をはじめ、交通安全運動など活発に活動しています。

また、当該地区の小田急相模原駅北口では再開発が完成し、「ラクアル・オダサガ」と「ペアナード・オダサガ」が地域の玄関となりました。この再開発によって駅前の商業・住居施設が充実されて快適で便利な街になってきました。このほか、地域住民の連帯も強く、自治会ごとに行われる盆踊りなどのふるさとまつりも活発に行われ、住民相互の親睦が図られています。

◆令和元年度相模台地区自治会連合会役員(自治会)pp1

◎会  長  坂本 堯則(旭ヶ丘クラブ)
◎副会長   篠塚実希子(御園南)
◎副会長   中村 明    (相模野)
◎副会長   鈴木 博雄(南大野)
◎会  計     枡田 貞明(豊原)
◎監  事     前田 誠一(溝上)
◎監  事  古川 正修(鶴ケ丘)
◎事務局長  篠塚実希子(御園南)

 

【ペアナードオダサガ航空写真提供/小田急相模原駅北口B地区市街地再開発組合】

fap turbo reviews
twitter-widget.com