第9回 「麻溝台地区の昔々」 No.4

 

今回の「麻溝台地区の昔々」は、この地域にある隠れた相模原市指定史跡をご紹介いたします。

相模野基線北端点(麻溝台一等三角点)

<日本最初の三角測量を基にした『相模野基線北端点』とは一体何か>

◆先ず最初に、三角測量の基となる三角点とは何か—からお話しましょう。

・地図づくりは地形上に「三角点」というものを順次定めていき、それを結ぶことにより正確な地図が完成します。

・国土地理院発行の1万分の1〜20万分の1の地図を見ると、三角点と呼んでいる記号があります。これは日本全土に2キロメートル間隔で示されており、三角点のうち特に45キロメートル間隔で示されているものを一等三角点と呼んでいます。

・次に一等三角点の中に約8キロメートル間隔で示されたものを二等三角点、4キロメートル、2キロメートルの間隔で示されたものをそれぞれ三等、四等三角点とし、これらを元に日本全土の地図などを作る際の骨組みとしています。

・実際に三角点間の距離を測った線を基線と呼び、その場所を「基線場」といい、そのひとつが「相模野基線」です。

◆それでは、「相模野基線」とは何か—-

・1882(明治15)年、日本陸軍参謀本部、陸地測量部(現・国土地理院)が全国の地図を作るために、日本で最初に設定した三角網としての基点で、我が国の近代地図の発祥地として、歴史的存在価値の高いものです。市内、麻溝台に今も残る、この地を「基線北端点」と定めました。

・麻溝台中学校の近く、源悟山 顕正寺前を通る市道(昔、いの原、ろの原と呼ばれていた通り)から少し奥に入った医院、薬局の裏側にあります。市道脇に立てられたポールの上に、矢印付きの小さな案内板が出ています。

・当時の地名は「相模原畑5739番地イ号共有地」、その後、高座郡・下溝村となり、現在は南区麻溝台4丁目2100。

写真1・相模野基線表示板           写真1・市道脇に立てられた相模野基線北端点の所在を示す案内板

・北端点標石のかたわらに御影石に刻まれた解説板があります。どんなことが記されているのでしょうか。(※設置年、不明)

「相模野基線北端点」
一等三角点   下溝村
当基線場は、日本の近代測地測量を実施するにあたり、明治15年に日本で最初に設置されたものです。
南、北両端点間の長さ、5209.9697mをもとにして我が国の地図は作られました。
最近では、この長さの変化を精密な繰り返し測量で見つけて、地震予知等に利用している大切な測量基準点です。

建設省国土地理院

三角点は、地球上の位置と高さが正確に測量された地点で、三角点標石の上面に刻まれた十字の中心が、正しい位置を示しており、これを基に細部の測量を行い地図が作られ、土木工事などが行われています。

現在では国土地理院の三角点(一等三角点〜四等三角点)は、全国に約十万点も設置されています。

図表1 相模野基線図 図表2基線図資料

図表1 相模野基線図を現在の地図上に再現  図表2 相模野基線長を基に増大させた三角測量

・相模野基線は、南北両端点を一組として、平成22(2010)年に神奈川土木学会選奨土木遺産に認定されました。(全国に設置された多くの基線が無くなってきている中、相模野基線は100年以上経ってもすべての「点」が残っています)

◆当時の測量の状況は—-

・三角測量の工程は「計画」「選点」「造標(ぞうひょう)」「埋石(まいせき)」「観測」「計算・整理」といったように実施されました。「選点」とは、既存の地図などで立てた計画に沿って、三角点の位置を現地で選定すること。点の密度、三角網の形、「視通」と呼ばれる観測線の確保、のちの標石の保全などを加味して行われます。しかし、近代的な地図が整備されていないこの時期の図上での計画は、あって無きのようなものですから、現地踏査が重要であったわけです。

・一方「観測」は、設置された測量標石間の距離と角度を求めるために、各三角点に目標となる櫓(やぐら)を設置して、これを観測機器でとらえることで行われました。もちろん、三角点間距離の最初は、基線測量で求められた一辺です。(これが相模野基線です)

・この南北両端点を底辺として三角形の西の頂点を鳶尾山(とびおさん・海抜255メートル 厚木市中荻野)、東の頂点は高尾山(海抜100メートル 横浜市港北区長津田)としました。さらに三角点を延ばし、南は平塚の浅間山、北は武蔵の蓮光寺村、西は丹沢山、東は千葉県の上総鹿野山を頂点として、漸次全国的な三角網として拡大。東京麻布の天文台を、これら三角点の原点としました。

・このようにして決められた相模野基線をもとにして、初めて2万分の1の地形図が作られ、後に5万分の1や2万5千分の1の地形図へと発展させました。

◆なぜ下溝村(当時)が選ばれたのでしょう—-

・基線を設ける条件としては、広い平坦な原野で、よく見通しのきくように空気が澄んだ土地でなければなりません。当時の相模野は現在と違いもっともよくこの条件に適していました。

・観測に当たっては、両端の基端点の間は見通しがきくように、木や草を刈って幅4メートルほどの道を作って測量が行われました。

・当初は二等三角点の基線端点として選定されましたが、基線の測量結果が非常に良かったので、1883(明治16)年一等三角点に採用されました。

写真2・相模野基線北端点1 写真3・相模野基線北端点2
写真4・相模野基線北端点3 写真5・相模野基線北端点4

写真6・相模野基線北端点5《写真》
写真2(上左)・北端点全景
写真3(上右)・相模原市指定史跡を示す案内板
写真4(中左)・北端点標石と解説(内容は上記参照)
写真5(中右)・標石の頂部十字の交点が位置座標。周囲の石は石標を守る妨衝石
写真6(下 )・平成2年に、国土地理院監修により設置された相模野基線の解説板

◆現在の標石は—–

・現在の三角点標石(埋石)は、半永久的に残るよう1890(明治23)年11月に改造され、花崗岩石で台石の上からの高さは19センチ、幅18センチで台石の頂部に十字線(交点)が刻まれています。近年になって傍らに「基本測量」、「三角点」と記された小さな白い標柱が立てられています。

・これらの測量で使用される標石は、柱石と盤石からなり全体は地下約1メートルの深さに埋められています。

・当時はこの石標の上に高さ4〜5メートルのやぐらが建てられていて、どこからもでも望まれ、土地の人は「ぼんてん」と呼んでいました。終戦直後には壊れてなくなっていましたが、昭和二十年代前半頃、再びこの「ぼんてん」が設置され、終戦後の相模野台地の開発測量の基点となっていたようです。(「ぼんてん」は測標(測量櫓(やぐら))と呼ばれ、建て方の規格に沿って建てられていました)・観測は第1回目の明治15年から、明治35年、明治43年、大正13年と合計4回行われています。明治15年の時は中間点2点を設置し、3つに分割して観測を行い106日を要しました。

・大正13年の観測は明治43年の結果から比べると243.6mm基線長が長くなりました。この結果は、両端点に異常が認められないことから、この地域の関東地震による地殻変動を検出したことになります。

・この観測は、関東大震災復興の基礎となるだけでなく、地震学から見ても地殻変動をとらえる貴重な結果となりました。

・大正13年の観測では48日間の作業を要し、担当測量官は、測量師3名、測量手10名を2〜3日交代で行い、担当した延べ人数は、測量官216名、測夫354名、人夫297名。基線観測における実測作業はいずれも、昼夜にわたる文字通りの不眠不休の激務であり、「一度は行くべし、二度とやるべき仕事にあらず」と言われたそうです。

・次回は、明治初期に行われた困難を極めた観測の実際をご紹介いたします。

◆資料出典:「座間 美都治著 相模原の史跡」、「山岡 光治著 地図をつくった男たち」、「土木遺産認定講演会資料」、他


【写真&テキスト/相模台6丁目 猪俣 達夫】

◎「相模台地区にはこんな歴史が」についてご意見・ご感想などありましたら ⇒ こちらまで

第7回 「麻溝台地区の昔々」 No.2

 

※「麻溝台地区の昔々」については連続読物となっています。初めて読まれる方は、「麻溝台地区の昔々」No.1からお読みいただけると分かりやすいと思います。

<心の拠りどころとして、源悟山 顕正寺を招聘>

 ・麻溝台地区の開拓入植者たちの心の拠り所として昭和24年(1949)、日蓮宗の源悟山 顕正寺を現在地に建立。同地はそれまで鬱蒼とした松林で、子供たちの遊び場でした。昭和28年(1953)正式の寺院として昇格しました。  

 ・毎朝6時に鳴らす境内の鐘は一年を通して現在でも地域に時を告げています。また、境内には二代目となる浄行菩薩が祀られています。信者が自分の身体の病や痛みのあるところを、菩薩像の足下にあるタワシで菩薩の同じところの身体を洗うと病が癒えると伝えられています。初代の菩薩像は永年の信者にお顔、身体を洗われてすっかり、すり減ったお姿になってしまい現在は取り外されています。 

・平成4年、立派な本堂を建て替え現在に至っています。毎年11月18日には、日蓮宗のお会式が盛大に開かれています。
※お会式とは日蓮上人の命日にあたる10月13日(旧暦)にあわせて行われる法要のこと。   

No.7顕正寺全景 No.8顕正寺本堂 No.9浄行菩薩新撮 No.10浄行菩薩

◆左から、写真1:源悟山 顕正寺全景、写真2:平成4年に再建された本堂      
       写真3:境内にある浄行菩薩、写真4:二代目の浄行菩薩像

<共有地に開拓広場を建設し、開拓記念碑を建立>

 ・農地の一角を転用し共同生活がやりやすいように「開拓広場」を造りました。(現在は麻溝台自治会館広場となる)この「開拓広場」は横浜水道みちをはさんで、東西に分かれていた「麻溝台開拓農業協同組合」を一つに結び合わせる重要な位置を占め、満州からの引揚者を中心に結成された47戸の共有地となっていました。 

・同協同組合ではこの500坪以上ある広い共有地を開拓本部として事務所を作り、集会所、共同作業所を設け、共同で製材、精米などの各種作業を行っていました。この広場は、盆踊り、秋のお祭り、農産物品評会など地域の催事広場として広く利用されていました。 

・昭和55年、この共有地を正式に「開拓広場」と命名、「麻溝台開拓農業協同組合」の歴史を永く後世に伝えるための記念として「開拓記念碑」を広場の一角に建立しました。 

・平成10年、「自治会法人麻溝台自治会」が誕生。共有地を組合員総意のもと麻溝台自治会館設立に寄贈しました。相模野台地、陸軍士官学校練兵場跡地・開拓入植の記憶を残しつつ50年余り続いた協同組合を平成11年に解散しました。

No.11麻溝台開拓記念碑 No.12麻溝台自治会館広場

◆左から、写真5:麻溝台開拓記念碑、写真6:現在の麻溝台自治会館広場

<隣接の「溝上開拓地」>

 ・昭和23年(1948)、麻溝台開拓団に続き、その西側隣りの陸軍士官学校演習場跡地に、下溝地区から入植した開拓者たちは溝上開拓農業協同組合を結成し、下溝地区からの援助を受けながら、開墾を続け、麻溝台地区発展の一翼を担って来ました。開拓の精神を顕彰するために 平成9年(1997)開拓記念碑を建立しました。 

No.13溝上開拓記念碑3 No.14溝上の街並

◆左から、写真7:溝上開拓記念碑、写真8:現在の溝上地区の街並。右端は溝上自治会館

<陸士標柱> 

・かつて軍都時代(昭和11年~昭和20年)の南区南西側一帯の耕作地は、これまでにお話しましたように、陸軍士官学校の所有地として軍に買い上げられ広大な演習地が広がっていました。南側は新磯村から北側は麻溝村にまたがる約460町歩(約140万坪)という膨大な広さでした。これらの区画を示す小さな石の標柱が、麻溝台自治会館前の住宅地角に今も残っており「陸士」と刻まれています。  当時の演習地跡がいかに広大な土地を占有していたかを、この標柱が今に伝えています。標柱の裏側には今でも「4」という数字が読み取れます。表側、裏側とも文字はようやく判別ができるという状態ですが、いくつもの標柱が広い演習地を取り囲むように立てられていた様子を想像することができます。 

・士官学校演習地となり、先祖が営々と耕してきた来た畑地が買い上げられたため、農家は立ち退きを余儀なくされました。また、生活道路としての日光道や辰街道の道筋は消されてしまい、下溝新開や篠原新開も跡形も無く消えてしまいました。往時の標柱や塚なども失われ、相模野台地の歴史を伝える痕跡が一切失われたことは大変残念なことです。 

No.15陸士標柱全景 No.16-1陸士標柱表 No.16-2陸士標柱裏

◆左から、写真9:住宅角地にある陸士標柱、写真10:陸士標柱表側、写真11:陸士標柱裏側

◆資料出典:「麻溝台地区の生い立ち」麻溝台地区郷土史編纂委員会、他

「麻溝台地区の昔々」 No.3へ続く・・・。


【写真&テキスト/相模台6丁目 猪俣 達夫】

◎「相模台地区にはこんな歴史が」についてご意見・ご感想などありましたら ⇒ こちらまで

第6回 「麻溝台地区の昔々」 No.1

 

<陸軍演習地跡への入植、開墾の時代>

・麻溝台地区の歴史は戦後昭和21年、旧陸軍士官学校演習場が民間に払い下げられ満州からの引揚者を中心とした未墾地の開拓より始まりました。

・時の政府は食料の増産をはかり、経済復興を早め、戦災者や海外引揚者に就労の機会を与えるために「緊急開拓事業」を実施した結果、旧軍用地などに、外地からの引揚者や空襲で焼けだされた都市産業離職者たちが無計画に入植し、食料自給を始めたのです。

・こうした混乱状態を収拾するため「農地解放令」が制定されました。小作農地と同様に未開墾地も国が直接買収して、自作農創設に供することになり、麻溝台地区の開拓が始まりました。

・先ずは宿舎を確保しなければなりませんでした。生活に欠かせない飲み水が無かったため、旧国立病院から人が担いだり、馬を使ってもらい水をすることから始めたそうです。戦後2年経ってから、やっと共同井戸を掘ることが出来たそうです。

・地味の痩せた台地の未墾地であったため作物はほとんどサツマイモしか穫れず、苦しい生活が長く続きました。

・昭和23年に施行された「協同組合法」に基づいて、麻溝台地区の人たちはいち早く「開拓農業協同組合」を結成。県当局や金融機関から営農資金の貸し付けを受け、土壌改良に務め作物の増産をはかり、生活の基盤を少しづつ安定させていきました。

・昭和23年になってようやく待望の電気が引かれました。どの家からもバンザイの声が上がったそうです。

・昭和24年に開拓者たちがお互いのきづなを深めるために「開拓まつり」を開催。その後「ふるさとまつり」へと発展しましたが、時代の移り変わりもあって昭和40年を最後にお祭りも途絶えてしまいました。

・開拓者たちは、農作物だけに頼らず、広い開拓地の条件を活かして乳牛、養豚、養鶏、花卉栽培経営と次々と手を広げ、たくましく時代の荒波を乗り越えて来られました。

No.1麻溝台畑作地写真1:現在も住宅地の中に残る畑作地 No.2麻溝台の街並写真2:現在の麻溝台地区の様子

<子弟の教育の場をつくるため、小学校分校の設立>

・生活の基盤が出来てくると、次は子供達の教育が大切となります。入植当時の麻溝台地区の学区割りは、JR相模線「原当麻駅」そばの麻溝小学校、麻溝中学校(昭和26年に新磯中学校と合併し相陽中学)でした。

・これらの学校は、雑木林と畑を抜けて約4キロも離れ、低学年の子供達には毎日の通学は大変なことでした。雨の日、風の吹きすさぶ日、真夏の照りつける陽射しと安全な道ではありません。昭和23年、大人たちはこの状況をなんとかしようと、小学校の新設を神奈川県及び相模原町に申し入れ、町議会での検討の結果、昭和24年に「相模原町立麻溝小学校麻溝台分校」が、麻溝台7丁目の横浜水道みちの脇にようやく出来上がりました。

・その後、昭和34年相模台小学校が開校したため、分校は10年間で閉鎖、子供たちは相模台小学校本校に移ることになりました。

No.3麻溝台分校記念碑写真3:横浜水道みち脇の麻溝台分校跡地 No.4麻溝台分校記念碑写真4:麻溝台分校記念碑

<幼児を育てる保育園をつくる>

・相模原町(当時)、町立初めての麻溝台保育園が横浜水道みち沿いに完成しました。

・昭和28年(1953)相模原地区の開拓者たちは、子供たちを預けて安心して開墾を進めることが出来るように開墾地の一部を保育園用地として相模原町に寄贈。公立では全国で二番目、町立では初という 早い時期に施設を開園させることが出来ました。翌年、相模原町が市制施行され市立保育園となり、現在に至っています。

No.5麻溝台保育園写真5:水道みち、より見た市立麻溝台保育園 No.6麻溝台保育園写真6:市立麻溝台保育園入口

 ◆資料出典:「麻溝台地区の生い立ち」麻溝台地区郷土史編纂委員会、他

「麻溝台地区の昔々」 No.2へ続く・・・。


【写真&テキスト/相模台6丁目 猪俣 達夫】

◎「相模台地区にはこんな歴史が」についてご意見・ご感想などありましたら ⇒ こちらまで

第5回 「相模台団地の桜並木」

 

日本の人口が1億人を突破したのは昭和41年。日本人の誰もが中流意識に目覚め新三種の神器(カラーテレビ、クーラー、カー)を追い求めていた時代に、相模原市の広大な平坦地を求めて大都会、東京方面より人口がどっと流入してきました。

相模台地区も急激な宅地開発が始まり、鶴ケ丘団地、相武台団地などの大型団地が次々と誕生。中でも高度経済成長の真っただ中の昭和41年、国立相模原病院(当時名称)に隣接した「相模台団地」は立地の良さもあり、サラリーマンのあこがれの文化住宅として入居者でいっぱいとなりました。広々とした敷地に各棟はゆとりを持って建てられ、相模台地区にも新しい時代が始まる予感を感じさせました。

相模台団地桜並木1  ◆相模台団地桜並木-1 相模台団地桜並木2 ◆相模台団地内桜並木-2

47年間が経った今、団地の周辺に植えられた苗木たちも立派に育ち、広い相模台地区の中でもひときわ緑豊かな地域へと生まれ変わりました。団地と団地の間を貫通する市道の両脇に並ぶ桜並木は、50年近い歳月がもたらす古木の面影を感じさせ、毎年、満開の時期には見事な桜色のトンネルが長さ約300メートルに渡って続きます。この桜並木は近隣の隠れた桜の名所として知られ、「広報さがみはら」の桜の「見どころ特集」にもしばしば紹介されるほどです。隣接の相模台公園の芝生広場にはお弁当を広げる家族連れの姿も数多く見られます。

相模台団地八重桜 ◆相模台団地八重桜-3 相模台地区調査7相模台団地3 ◆相模台団地桜が散った後-4

ソメイヨシノの花びらがひらひらと舞い落ちる頃には、今度は並木の途中に設けられた一群れの八重桜が入れ替わるように咲き始め、華やかな『桜通り』と呼んでもよい眺めが道往く近隣の人々を長い間に渡って楽しませてくれます。


【写真&テキスト/相模台6丁目 猪俣 達夫】

◎「相模台地区にはこんな歴史が」についてご意見・ご感想などありましたら ⇒ こちらまで

第4回 「水道みち・トロッコの歴史」

 

今回は、第1回目のこのページでお話した「横浜水道みち」の続編を取上げます。

津久井の相模川と道志川の合流点、三井村(現・相模原市津久井町)から横浜村の野毛山浄水場(横浜市西区)までの44kmを、1887年(明治20年)我が国最初の近代水道として創設されたことは、すでに紹介いたしました。

運搬手段のなかった当時の土木工事は、巨大な鉄管や資材、機材の運搬用としてレールを敷き、トロッコを使用して水道管を敷設しました。横浜市民への給水の一歩と近代消防の一歩を共に歩んだ道が、ここ、県立相模原公園と女子美術大学の脇を通っている「水道みち」で、知ることが出来ます。

トロッコ道1 写真1(撮影場所:女子美術大学脇の水道みち。見通しのよい真っすぐな道) トロッコ道2  写真2(撮影場所:相模原公園西側の水源方向から登ってくる水道みち)

 当時、水道みちを敷設するに当たって、全行程44kmの長丁場を乗り切るにはトロッコの力を最大限に借りて造られた大掛かりな土木工事であったことがわかります。そのことを表すものとして、「近代水道創設120周年」を記念し、横浜水道局の手によって、『水道みち トロッコの歴史』の案内板が津久井の三井用水取入所から18kmのこの場所に立てられています。この案内板は全行程の中で26基立てられ、ここ女子美術大学脇のものは9番目に当たります。またここにはもうひとつの案内板が立てられています。横浜水道局と女子美術大学の協同制作による『横浜水道の歩み』という、美しく、わかりやすい立派な案内看板がそれです。そこには、安政6年、横浜開港により人口が急増し、安全な水道を引く必要性に迫られたことに始まり、英国人の技師ヘンリー.S.パーマーを招いて設計を依頼。明治20年にようやく近代水道が完成した等々の歴史が描かれています。その他にも横浜は埋め立て地で井戸水は塩分を含んでいたため、「水売り」から買うひしゃく一杯の水が貴重品であったというようなおもしろいエピソードも紹介されています。

トロッコ道3 写真3(撮影場所:女子美術大学脇に立てられているトロッコの歴史・案内板) トロッコ道4 写真4(撮影場所:トロッコの案内板にある当時の麻溝村、水道みち敷設の様子)

この案内板のなかでも目をひくのは、津久井の水源から横浜の野毛山浄水場までの道筋を描いた「絵地図」が添えられていることです。これを見ると、水道みちは何処を通って横浜まで運ばれていたのかが一目でわかるようになっています。また、この下には直径1.5mの水道管が通っていることも図解入りで説明されています。

トロッコ道5 写真5(撮影場所:女子美術大学脇に立てられている横浜水道のあゆみ・案内板)
(この付近は当時「山之神」という地名で呼ばれていたらしい)

案内板の近くには、厳重な鉄柵に囲まれた大きな制御弁が地上に姿を現し、水道みちは単なる遊歩道ではなく、現在も道の真下には、とうとうとした水が流れている現役の「水道管の道」であることを私たちに示してくれます。かつてはこのすぐ近くに巨大なコンクリート製の要塞のような減圧水槽もありましたが、送水技術の進歩の結果、その必要性が無くなり今は撤去され面影もありません。

トロッコ6 写真6(撮影場所:地上に姿を現した巨大な制御弁)

ここを通っている水道みちは、相模原麻溝公園のど真ん中を通る導水線路「緑道プロムナード」として整備されているので、当時の水道管敷設がいかに大事業であったかに思いを馳せながら、一度ゆっくりと歩いてみるのも良いかも知れません。

トロッコ道7写真7(撮影場所:相模原麻溝公園の真ん中を通る水道みち)


【写真&テキスト/相模台6丁目 猪俣 達夫】

◎「相模台地区にはこんな歴史が」についてご意見・ご感想などありましたら ⇒ こちらまで

fap turbo reviews
twitter-widget.com